免税店接客職から易事務職に転職する場合の履歴書

趣味・特技

海外旅行が好きで、現地の友人をいっぱい作って交流することを常としています。旅行は単に物見遊山の場ではなく、語学力や新しいものを見つける場として捉えています。短大で英語を学んで卒業後、ネイティブの英語に触れたくてオーストラリアに1年間語学留学をしました。現地でホームステイしていたこともあって、外国人の方とも物怖じせずにコミュニケーションを取れるのが自分の強みだと感じています。

健康状態

健康状態は至って普通ですが季節の変わり目に風邪を引きやすいので、週に1度は軽い運動を行って健康を維持しています。現在の仕事の性質上、シフトを崩してしまうと他のスタッフに迷惑が掛かりますのでこの点をしっかりとした習慣にしています。また、仕事の日も休みの日も限らず同じ時間における起床を心がけています。

志望の動機

語学留学から帰国して現在の免税店にて接客を行っていますが、私自身女性でまだまだ20代ということもあって事務的なスキルも身に着けなければならないと思うようになりました。しかし事務職でも自分の英語力を生かすことができる職種を探していたため、貴社の貿易事務の求人に興味を持ちまして応募させていただいた次第です。雑貨業界の経験は全くありませんが、分からないことでもきちんと調べて自分の物にしていく努力は怠りませんので他のスタッフさんとの信頼を十分に築くことができると考えています。また、外国の方にも何とかして日本人的な考えを伝える工夫を行っていくことができますので貴社製品の品質確保に大いにお役に立てます。

 

①趣味・特技

語学に関するスキルを持った方になりますと、採用側も積極的に海外に関わる趣味を想像してしまうものです。実際上、外国語を得意としている方は海外旅行を趣味としていますので、外国語を使用して仕事をする貿易事務職へのアピール材料としては非常に相応しいと言えるでしょう。語学力がキーポイントとなる貿易事務職への応募は、どうやってその語学スキルを習得したかということを明確に記載することが重要です。外国語の場合は趣味イコール特技と採用側で解釈されることも十分可能なことから、語学を取得したバックグラウンドなどを書いて自分の語学レベルを容易に想像できる書き方を心がけてください。

②健康状態

応募者自身の健康については多くの方は簡単な内容にしがちですが作業も多い雑貨メーカーは少数精鋭であることも多く、少しでも欠勤の少ない人材を求めていることが多いので健康状態は意外と多くの採用担当者が見ています。単に現在における健康状態を記載するだけでなく、仕事のために健康をどうやって維持しているかを積極的に記載すると健康を通じた仕事へのこだわりを感じてもらうことができます。また、雑貨メーカーは時間管理が非常に厳しい職場も多いので、規則正しい生活をしていることを表す描写を取り入れることを忘れてはなりません。

③志望の動機

転職が雑貨メーカーかどうかに限らず、応募者にとって大切なことは自分にどのようなスキルが足りないということを分析できることです。その上で、現時点で持っているスキルを役立てながら新たに足りない部分のスキルアップができるという職場を求めているという理由づけが求められます。さらに、雑貨メーカーへの転職になると転職先では少ない人材で対応することも多いので、貿易事務職に限らずに自発的な問題解決ができる業務態度を求めているわけです。それにより、周りのスタッフの期待を裏切らないようなきめ細かい配慮のできるという内容は人事担当者側で好感度がかなり増すことでしょう。雑貨メーカーでは数多くの種類の雑貨を扱い、製造方法や製造場所によっては品質の管理が難しいこともあります。これにより、語学力を生かして日本人が求める『品質確保』に役立てるというアピールは非常にクリエイティブであると言えます。

こういった履歴書の添削などはやはり転職エージェントを使うべきですね。転職エージェントの人気ランキングも見て考えてみましょう。