他業界からホームセンターへの転職する場合の履歴書

1、志望動機

「店舗見学の際、従業員のお客様への挨拶・一人ひとりの接客仕方を見て、貴社の企業姿勢である「また来ていただける店づくり」を現場段階で実践されていることに共感しました。私自身、将来的に商売である小売業に携わりたいという目標があり、ホームセンターの使命であるお客様の日頃の生活の向上に貢献したく、中でも貴社は、商品開発力が優れており、自信を持って販売できると思い応募致しました。」

※一番履歴書で大切な数ある会社で何故、応募会社にしたのかが判断される。

何故、この業界へ飛び込んできたのか?何故、我が社にしたのか?を具体的に記入すること。曖昧な動機では、人事担当者は、見抜きます。一番力を入れる  箇所です。

必ず応募する前に店舗見学をして感想(良い点)を見つけ共感したことを具体的な言葉で表現します。思いは、必ず具体的でないと、面接等での質問に答えられません。

例では、会社姿勢のどういうところに共感したか。自分の前職での経験のどういうところを活用して貢献できるか等を記入します。

例)・前職で培ってきたニーズを分析することで数値の改善をしたい。

・前職で○○人をマネジメントしてきた経験を活かし、チームで目標達成する仕組みづくりをしたい。

  • 特に他業界からホームセンターへの転職者は、店舗見学を通じて来店されたお客様へどう自分は貢献したいか等、自分の思いを熱く言葉で表現すると熱意が伝わりやすいと思います。

例)・一人ひとりのお客様は、なにか生活上の問題解決目的を持ち来店されているので、小さい商品でも親身になり接客をすることで来店されたお客様の問題解決へ貢献したい。

 

2、本人希望欄

1)小売業は、転勤が常識。転勤について難色を示すと、一発で不合格です。「会社意向に従います」と記入するのがベストです。 給料や勤務地、勤務時間についての希望もあると思いますが、ここは、入社を勝ち取るためには、会社意向にまずは従うことが賢明です。

 

3、特技・趣味・得意科目など

「ウォーキング、トレッキング、テニス等

※学生時代に○クラブのマネジャーを経験。そこでメンバーの統率力を培い、前職でのマネジメントの基礎となりました。また、アルバイトで飲食業やスーパーでの仕事を経験し接客や笑顔には自信を持持っております。」

1)学生時代に経験したことで、前職の基礎となったこと、それが、ホームセンターでどう活かせると考えるかを記入します。

2)保有資格をホームセンターで活かすことを記入すると他業界からの転職でも、ひとつの武器になります。(フォークリフト、自転車整備士、DIYアドバイザー等)

3)また、趣味や得意科目などで体育関連のものがあれば「体力に自信あり」の一言を付け加えると有効です。